2011.03.10 Thursday

グループホーム等の防火対策強化

グループホーム等へのスプリンクラー設備など、

消防設備の設置について少し書きたいと思います。


この消防法の改正は、高齢者グループホームで入居者9名が火災により死傷した事例を踏まえ、

火災発生時に自力で避難する事が困難な方が入所する社会福祉施設等について

防火安全対策を強化する為に一部改正され、平成19年6月13日に公布されたたものです。


おもな内容としては以下の通りです。

1.防火管理者に関する事
  防火管理者の専任が必要な基準が収容人員が30人以上が対象となっていましたが
  改正後は『10人以上』に変更されました。

2.消防用設備等に関する事
  改正前は、自動火災報知設備・火災報知設備・消火器は延べ面積で基準が決まっていましたが
  改正後は『すべての施設に設置』に変更されました。

3.同じく消防用設備等に関する事
  改正前は、スプリンクラー設備の設置基準は延べ面積が1,000岼幣紊任靴燭
  改正後は延べ面積が『275岼幣紂戮吠儿垢気譴泙靴拭

設置基準




4.防火対象物の区分に関する事
  改正後は6項ロが、6項ロと6項ハに分かれ、従来の6項ハは6項ニに変更。

別表




この改正令の猶予期日は平成24年3月31日までです。

あと1年です。

もし、未実施の対象物が皆さんの身近に有るようでしたら是非この件を話題に出して下さい。

直前に慌てなくて良いように今から準備を始めて下さい。



それでは今日もご一緒に

備えあれば憂いなし


2011.02.24 Thursday

消火器についての法令改正

 ここ数年、老朽化した消火器の破裂によって重傷を負うという事故が多発しました。

このような状況を踏まえ、消火器についての法令が改正となりました。

改正の概要は以下の通りです。


その1.消火器のラベル表示が変更
 ⇒安全表示の充実
 ⇒業務用、家庭用の差別化
 ⇒設計標準使用期限(10年)の表示
 ⇒区分表示に絵を記載

改正前の旧規格の物は型式失効となります。

なお、特例期間として2021年12月31日までは設置可能です。

新ラベルはこんな感じです↓







その2.消火器の点検基準改正(2011年4月1日改正)
 ⇒畜圧式消火器の内部や機能点検の開始時期の変更(製造後3年から製造後5年に)
 ⇒製造年から10年を経過した消火器に対して耐圧性能点検が必要 


点検サイクルシュミレーションは以下の通りです





施工日(2011年4月1日)の時点で

既に製造年より10年が経過している消火器は、

猶予期間の2014年4月1日までに耐圧性能点検が必要になります。

(⇒2004年度以前の製造品はこの時点で全本数の耐圧性能点検が必要です。)

よって、「その1」で書きました特例期間の2021より前に既設消火器の更新が必要になってきます。


猶予期間は3年しかありません。

点検業者さんと相談して、消火器の更新等の計画を今から始める事をお薦めします。



それでは今日もご一緒に

備えあれば憂いなし







| 1/1PAGES |

消防設備の豊田ドライケミカル(株)

店舗情報
愛知県豊田市小坂町13丁目8番地
Tel: 0565-34-2817
»オフィシャルサイト

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

categories

archives

recent comment

links

RSS Feed

携帯サイト

qrcode